水着のための除毛ケア|ブラジリアンワックス編


水着のための除毛ケア

水着になる時にムダ毛の処理ってどうするのか?以前は全くわかりませんでした。

 

「カミソリでやるとヒリヒリしちゃって赤くなる」

「自分でやるのも面倒」

「エステへ行くのもお金がかかる」

と結局、手軽にできる除毛ケアはどうしたらいいのかわからなかったです。

周りのお友達になんて恥ずかしくて聞けないし…

 

そこで、水着のための除毛ケアで自分でできる方法をいろいろ調べてみたことをまとめました。

ちなみに、調べた結果よかった方法で私も手っ取り早く自宅で手入れしていますので、同じように、「どうしたらいいの?」と悩んでいる人に参考になればいいなって思います。

 

 

いろいろある除毛ケア

過去私が経験した脱毛方法

これは以前の記事で、「自分でできるビキニラインの脱毛方法」というのを書いたのですが、そこでは結局エステに行くのがいいねという結論でした。

 

そして、去年はまさにエステに行って処理をしてきたのですが(永久ではないです)、やっぱりお金の面でひもじい私には毎年は無理ーーー!(>人<;)

ということで、今年は別の方法を探そうとしました。

 

ただ、やっぱエステはそのぶん楽ですし処理も安心できるので、お金に余裕があればまたやってみたいなとは思っています。学生向けのエステでミュゼのようなお店もあるので。

 

水着を着ると言っても除毛する範囲はどこまでやればいいの?

水着を着る時に除毛するのは当然Vラインですが、それっていったいどこまで除毛すればいいの?と疑問に思いました。

 

あんまりやり過ぎてもちょっとしかなくなっちゃうので、見えないとしても恥ずかしいし(彼には絶対見られたくない!)、

逆に除毛が足りなくて万が一処理が出来ていない部分まで見えちゃったら、せっかくの努力が消えてむしろ恥ずかしい状況になるだけだし…

 

いろいろ調べてみると一番人気の形があることが分かりました(何一番人気って!)。それは、「逆三角形」でムダ毛を残すことです。

 

なぜ人気なのか?と言うと、やっぱり自然に見える形だからです。確かにこう見ると自然ですよね。大きさにもよりますが。

ムダ毛逆三角形

(出典:ミュゼプラチナム

その範囲は、水着を実際に来てみて水着のラインからおよそ1cm程度内側を処理するのが一般的です。ですので、この辺の両はしの部分を処理する感じです。

 

vライン処理

 

 

 

 

自宅でやるといっても限界ない?

そこで実際に自分で処理ということになるのですが、カミソリでやるとしたら結構な量を処理しなければいけません。長い部分をまずは切っていき少しずつ剃っていきます。

 

でも、カミソリの場合だと私も経験ありますがヒリヒリしますし、剃った後はカミソリ負けをして毛穴が赤くなって実は目立ちます。ですので、カミソリはおススメできません。

 

そうなると、自分でやるとちょっと大変じゃない?と思っていました。いきなり海やプールに行くとなった時に、「ちょっと待って!1週間先にして!」と心の中で叫びます。

 

それ位いきなりの処理になると忙しい時には完全に時間が足りません。

 

そこでいろいろ調べてみた結果ブラジリアンワックスが手っ取り早く手軽にできるということがわかりました。

 

ブラジリアンワックスはよく聞くけれど痛いんでしょ?

実は去年以前一度試しているんです。これも記事にも書きましたが、痛くて断念した経緯があります。だから、去年はエステに行ったんですが。。。

 

結局、痛みでたえられなかった方法が一番今の私に合った処理方法だということが最近分かったのです。時間がない時にささっとしかも一気に処理出来る方法です。

 

金欠の私にはやっぱりこれが一番だと思い改めて使おうと決意してやってみました。

 

実際どう?

ブラジリアンワックススターターキット

申し込みから4日で届いて説明書とDVDが付属されているのでもう一度しっかり見ました。

 

前回はこのアンジェリカのワックスではなかったのですが言葉通り痛い目にあったので。

 

きちんとした使い方を覚えていざやってみると、躊躇してはいけないとあったのですごく怖かったのですが一気にビリっとやりました。

 

結果は、当然痛いです泣。でも、やっぱり一気に取れました。すごく簡単に。やっぱり説明書を読んで良かったです。

 

上手くやるコツとしては、長い毛はカットしておく方が良いです。塗る方向とはがす方向に気をつけないと痛い目にあいます(私はこれで以前失敗しました)。

 

そして、一番のポイントは範囲を適切にすることです。痛いのをいちどで済ませようと広くすると逆に大変です。

 

ワックスをぬる方向は毛のはえている方向と同じ方向です。そして、いざ除毛する時には毛のはえている方向とは逆にビリっと一気にはがします

 

痛いのは一瞬ですが、痛みが引きずる時はその部分を抑えつけると大丈夫とあったのでやったら確かに少し和らいでくれました。

 

それと、両はしとおへその下(アソコから見ると上の部分)では毛の流れが違うのでここも塗るのとはがす時に気をつけるポイントです。

 

ここの2か所を水着より1cm内側まで処理すれば綺麗な形になるはずです。

 

終わった時は気持ちもすっごくスッキリして、まだ冬だったけれども(笑)早く水着になりたい!と思いました。やり方もスムーズに出来るようになったので時間も夜に30分程度で済みました。

 

その後の痛みは最初よりも徐々に慣れてくるし大丈夫かなという程度です。これで夏の海とプール対策はひとまず安心できました。

 

ANGELICA WAX

 


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ